while文での繰り返し処理

条件分岐・繰り返し

while文で繰り返し処理を作る

while文は単純な実行回数での繰り返し処理を行います

$i = 1;
while($i <= 10){
//処理
$i++;
}

$i++にて繰り返し毎に$iの数値を+1していき、10と等しいかそれ以上になった時に処理を抜けます

while文の条件式はtureである間繰り返し処理を実行します

抜ける条件を式にしていまうと、実行されない・無限ループになる可能性があるので注意です

例外的な処理抜け

例外的な処理抜けを含ませるには主にexit()を利用します

$i = 1;
while($i <= 10){
//処理

if($x == $y){
exit();
}
$i++;
}