for文での繰り返し処理

条件分岐・繰り返し

for文で繰り返し処理を作る

for文はwhile文より複雑な繰り返し処理が可能になります

while文での繰り返し処理

初期値や$i++;等の加算処理は式の中に記述可能でwhile文と同じ内容の処理を記述すると以下の様になります

//while文
$i = 1;
while($i <= 10){
//処理
$i++;
}

//for文
for($i = 1; $i <= 10; $i++;){
//処理
}

for文の式

for文での式は式1式2式3が基本になります

for(式1; 式2; 式3)

式1の式はループ開始時に実行されます

式2の式の結果がtureである間、繰り返し処理を実行します

式3は繰り返し時に実行する処理

カンマ区切りでの複数処理

for文は式内でカンマ区切りを利用することで複数の処理や条件を記述できます

以下の例だと$aが先に10に到達するので繰り返し回数は5回です

for($i = 1 , $a = 5; $i <= 10 , $a <= 10; $i++ , $a++;){
//処理
}

式3の中に処理内容を追加する

式3での記述は条件に関連する数値の増減以外も記述可能です

それ以外の処理が不要であれば、{}は省略可能です

for($i = 1; $i <= 10; $i++ , echo $i;);